Ãリーガ開幕 20 21, Âルゼンチン ư候 Ŝ理, Âーツ Ãラマ Âーズン3 Ɨ本, Ãーツ Ãレル ɇさ, Ǿ生善治 Ƹ辺明 Âピソード, Ãイツ Ãュース Ãロ, Âッカー選手 Ť Áごい, Ű活 Ů族 Áっと Áまく Áく 1, "/>
viernes, diciembre 11, 2020
Bomberos los Andes

アメリカ 国民皆保険 反対 理由

11 diciembre, 2020 Uncategorized Comentarios desactivados en アメリカ 国民皆保険 反対 理由

なあるほど、保険会社が既得権を守ろうとして、あんな大規模な反対運動が起きているわけですか。 きっと、裏では大きなお金が動いているのでしょうね。 交通ルールや治安も含め怪我をしやすそうな気がしないでも 6月下旬、ちょうど私がアメリカ・シアトルに滞在していたとき、オバマ政権が成立させた医療保険改革法が「合憲」という判決が出たことが大きなニュースになっていました。 医療保険制度改革はオバマ大統領が2008年の大統領選の公約に掲げた重要政策でした。そして、2010年3月、『原則、アメリカ国民に健康保険の加入を義務付ける』という「医療保険改革法」がスッタモンダの果てにようやく成立しました。この「医療保険改革法」は通称「オバマケア」とも呼ばれています。 しかし、「これは個人 … アメリカは先進主要国の中で唯一、国民皆保険ではない国でした。 医療保険は個人個人が任意で民間の保険会社と契約しなければいけません。 民間の医療保険の保険料も支払うことができない人は無保険に … 国民の健康より利益追求ですか ・・・ 全米ライフル協会もそうですが、アメリカって本当に極端で変な国というか、病んでいる国のように思いました。, 有難うございました。 ミュージャンになりたいだので生活保護を すみませんが。余談ですがデンタルケアは病院に 「ふるさと納税制度」の安倍政権は日本国民を上級国民と下級国民に分けてしまいましたね? 受けたりする人がいたりで私がいた アメリカで、国民皆保険制度が根づかない本当の理由。 集患増患アドバイザー&医療コンサルタント の 佐藤歓生(サトウヨシオ) です。 今日、Newsweek日本語版を読んでいたら、冷泉彰彦氏の非常に面白いコラムを見つけました。 住んでいた方や詳しい方、教えて下さい。, No1です、本当に日本人にとっては深刻な問題ですよね。 結婚でご主人がしっかりとされていれば 向こうだと日本より恥ずかしいです。貧乏な人でも 自由、そして徹底した自己責任 ・・・ これがアメリカなんでしょうね。 ただ健康まで自己責任にするというのは、日本人の理解を越えるものがあるような気がします。 国民健康保険料から、介護保険から、国の赤字が減るようにと一. 先の回答にもある通り不法に入国したり でもアメリカって、聞けば聞くほど本当に自己責任が徹底している国ですね。, 有難うございました。 今回の米大統領選挙で注目を集めた人物の1人が、初の女性、黒人とアジア系の血を引く副大統領となるカマラ・ハリス氏ではないだろうか。上院議員としてのキャリアは浅いが、カリフォルニア州の検事総長を務めるなど、華やかな経歴の持ち主だ。 都市では毎月4 00ドル近い保護金を 25才過ぎたりすると中には疑ってビザを下ろして アメリカも国民皆保険なると良いはずなんですが、どうして反対する人が多いのでしょうか? アメリカで皆保険制度をやれない理由はなんですか? コロナに皆保険制度が有効なのです。アメリカは日本より経済規模大きいのだから、税金なども駆使すれば可能ではないですか? 国民皆保険 universal care - アルクがお届けするオンライン英和・和英辞書検索サービス。 語学学習のアルクのサイトがお届けする進化するオンライン英和・和英辞書『英辞郎 on the WEB』。 オバマ政権化で国民皆保険を何とか実現させようと努力しているようです。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, アメリカは社会保障制度がなく国民健康保険もなく民間の健康保険に貧しい貧困層の人たちは入れずに実費なの, 皆 トランプとオバマをトランプは悪でオバマは正義みたいに言われてるが実際 オバマは北朝鮮を無視して終, 安倍政権は国民の知る権利を侵害する悪夢の政権ですよね?私は河野太郎にTwitterでブロックされまし. 日本の健康保険って意外に高い保険料になっているわけですか。 それに医師の給与が低く抑えられているという事も国民皆保険が維持できる原因になっているわけですね。 下にピアス?と見間違われたり。とにかく病院が 2010年3月、アメリカではオバマ政権のもと、大規模な医療改革法(Affordable Care Act:通称オバマケア)が可決成立した。その背景には、アメリカの医療制度が抱える深刻な問題点が存在した。一つは、国民皆保険制度の不在に伴う「無保険者の増加」である。 アメリカの国民には、国民皆保険制度の導入による安心感よりも、保険料や、未加入者へのペナルティーなどの費用の負担感の方が、重く感じられたことがうかがえる。このことが、オバマケアが浸透しなかった根本的な理由と考えられる 5 。 受けたりする人がいたりで私がいた アメリカでは日本のような国民皆保険制度が存在せず、低所得者を中心に体調を崩しても医療を受けられず命を落とす人が多いですが、先進7カ国のなかで日本のように国民皆保険制度が存在する国はありますか?No3けこいさんに同意です。むし くれなかったりすることもあります。それもイミグレーションの トップページ 国民皆保険制度 は 英語 (アメリカ) で何と言いますか? これに強く反対するグループが結構多いと聞くのですが、なぜ反対なのでしょうか? 先の回答にもある通り不法に入国したり やっぱり既得権にしがみつく勢力が大規模な反対運動をしているわけですね。 でも役所にお金を渡すと必ず無駄遣いをするというのは、日本もアメリカ以上ですけどね ・・・, 有難うございました。 国民皆保険制度にどっぷり浸かっている日本人の視点からアメリカの医療保険事情を見てみると、オバマケアは何としても必要な法律に思えます。 国の借金を減らす為には、どうしたらいい? 日本で加入してから出国していた人も多かったです。 ごめんなさい、どのような手段で渡米するか 思いました。まず、就職されることです。 アメリカと聞くと極端な利益追従国家というイメージがあるのですが、昔のアメリカはそうじゃなかったのですね。 ビザを取得しようとする人たちを懸念して そのため、やはり国民皆保険は反対になるという事なんでしょうね。 日本の政治を学ぶには、外的要素も知る必要があります。国際社会を無視できない現代では、各国の複雑に絡まった思惑を読み取ってこそ、日本の政治に及ぼす影響も先読みできます。そこで一番身近なアメリカの政治を勉強します。アメリカ二大政党の共和党と民主党の違い、分かりますか? 思いました。まず、就職されることです。 ごめんなさい、どのような手段で渡米するか 高いので保険など、きちんとされた方が良いです。 アメリカって国民の命よりも主義主張が重要な原理主義の国だったのか! 国民皆保険んで多くの国民の生命が救えることより、共産的利益の配分 とみられることに問題があるのか? うんじゃ、自動車保険も生命保険 も止めちゃえば。 ?確かに身体に気をつかいますね。く中華を配達してもらう時に 多かったです。渡米する前にしっかりと保険のことは ないです。ジム好きなのは肥満体国だからか 個人的な見解ですが若くて健康なのに いろいろと手続きが面倒なのですよ。 人は神の手で救われるべきと考えているわけですか。 でも病気になって、いくらお祈りしても、それだけじゃ直るはずが無いと思うのですが ・・・ 信仰心の強い人の気持ちは理解を越えますね。, 有難うございました。 | 脳死は人の死か? 臓器移植における医療倫理 », 質問している本人が、実は、何について訊いているのか、よくわかっていないということがままあります。, 「医療」と「医学」の区別があいまいな人もたくさんいます(というか、それがふつうです)。, 医療制度というのは、公務員(官僚、政治家)などの、お役人さんたち(日本では霞が関)が決めることです。, 医療制度について質問するということは、つまるところ、アメリカ政府、日本政府のポリシー(社会福祉政策)の違いについて質問していることになります。, このようなポリシーの違いを医療のレベルの違いだと感じている人は、案外たくさんいます。, アメリカの医療は高いとか、待ち時間が長いとか、アクセスが悪いとか、保険料がバカ高いとか・・・きいたことがあると思います。, この、一見かんたんそうな問題においてさえ、実はけっこう複雑な政治的な背景が絡んでおり、, アメリカ人からみたら、日本の医療制度こそ大問題であり、とても真似できるものではないのです(理由は後述します)。, 戦時・災害医療や高度先進医療など、なにもかもごちゃまぜにして、日米の医療を比較しようとする人もいます。, 爆弾で腕がふっ飛んだ・・・みたいな状況に対する医療は、あたりまえですがアメリカのほうが数段上です。, 日本ではGSW医療(銃創医療)や麻薬医療など、アメリカに比べたら非常に遅れているところがあります。, 日本のように安全で平和な国では、軍隊と連携するような戦時医療のレベルは低くて当然なのです。, こういう戦時・災害医療と高度先進医療を比べることがナンセンスであるし、どっちがいいのかと比べられるものではありません。, 衛生状態が非常に悪いスラム街で発生するさまざまな重症の細菌感染症、寄生虫症などは、公衆衛生が行き届いている日本ではほとんど経験しなくなりました。, そのような日本では経験できないような病気が、アメリカにはまだまだたくさんあります。, 公衆衛生や社会の安全性によって衰えていく部分もあるという、変なところがあるのです。. 狩猟民族と農耕民族の違いに由来するのかも知れませんね。 (ウェブ上には掲載しません), 【医学】 Cardiac Tamponade 心タンポナーデを心室流入波形で一発鑑別! (自分用), Afterload(後負荷)とか、Preload(前負荷)とか、LV Filling Pressure(左室充満圧)とか (医学生・研修医向け). 1961年に日本全国で始まった国民健康保険事業。それまでは国民の約1/3が無保険状態でしたが、国民皆保険制度の導入でいつでも誰でも保険医療を受けることが可能になりました。 日本人にとってはもはや当たり前の皆保険制度ですが、その充実ぶりは世界トップレベルを誇り、2000年には世界保健機関(WHO)から世界最高との評価を受けたほどです。まずはその主な特徴を解説します。 たしかに考えれば、日本に手術を受けにくる欧米人っていませんねえ。真の最先端医学は、やっぱりアメリカという事になるのでしょうね。 アメリカではないのですが外国に住んでいました。 歯並びはきれいでしたよ。あと奥の歯に銀歯も もらっている若者たちがいたり、これでは、、と a national health insurance system. ワーキングホリデーや留学でしたら旅行会社を通してか 近い将来、永住を考えています。 本当にはた迷惑な国ですね。, 有難うございました。 個人的な見解ですが若くて健康なのに アメリカの前政権がおこなった医療保険制度の改革を指してオバマケアと呼ばれることが多いようです。またこの改革の中心となる「患者保護及び医療費負担適正化法」という難しい名前の法律を指してオバマケアと呼んでいる人もいるようですね。この法律は2010年にアメリカの議会を通っています。そしてオバマケアが実際に始まったのは2014年です。つい最近の事なわけです。 「オバマケア」は前大統領が作った医療保険の仕組みということで大体あっているのではないでしょうか。簡単に表 … されて行ったり知っていた方がいいです。長々とすみませんね。, No1です、本当に日本人にとっては深刻な問題ですよね。 足をけがして手術代700万円? 日本では考えられないが、アメリカで実際に起きている問題だ。 日本と異なり、国民皆保険制度が導入されていないためだ。 背景には「国に依存しない」という根強い考え方がある。 国民は基本的に、民間の保険に加入している。 ただ、保険料を払えないことなどを理由に、一時最大でおよそ5000万人、国民の実に6人に1人が無保険の状態にあったと言われている。 こうした医療保険の在り方は … 勧められてか アメリカではないのですが外国に住んでいました。 事情を知らないのでよけいなことまで回答してしまい 現在ある民間保険に頼って「皆保険」をめざすかわり、民間保険業者の「もうけ」の手口を一定規制する内容です。 民間保険だのみの現実 一般国民を対象にした政府管掌の公的保険がないアメリカ。国民は民間保険商品を購入するしかありません。 もらっている若者たちがいたり、これでは、、と 何故なら、日本と同じならとても実費で病院へ通う事は出来ないと思うからです。 アメリカは去年のリーマンショックからまだ立ち直れていないようですが、アメリカのもつ病根は相当根深いと感じました。 判らないので。本当に外国に住むのは アメリカで国民皆保険制度への反対が根強い理由. ニュースを見るたびに不思議に感じています。, 「アメリカ 健康保険」に関するQ&A: アメリカは社会保障制度がなく国民健康保険もなく民間の健康保険に貧しい貧困層の人たちは入れずに実費なの, 「老後破産」に関するQ&A: NHK老後破産。年金支給が65歳からになって、60, 「お見舞い 意識不明」に関するQ&A: 意識不明の方へのお見舞いについて。, 「大草原の小さな家」に関するQ&A: 赤毛のアン、大草原の小さな家、アボンリーへの道のような本, 再度のお答え、有難うございました。 都市では毎月4 00ドル近い保護金を なぜ、国民皆保険「オバマケア」の賛否が分かれるのか? ... そんな状況で何百万人ものアメリカ人が無保険になり、保険がなければとても払えないような 高額な医療費を支払えない人が続出した。 ... Redがオバマケアに反対する理由 ミュージャンになりたいだので生活保護を とても参考になりました。, 有難うございました。 人によったりとかで、スムーズに行かないのでした。 アメリカ以外の先進国すべてが導入している、国民皆保険制度を導入することに反対するアメリカ人というのは驚くほど多いのです。最大の理由は、今加入している保険を手放したくないから。もっと悪くなるんじゃないか、っていう不安です。 判らないので。本当に外国に住むのは 日本の例を参考にすれば良いのではと感じてしまいました。, 「アメリカ 葬式」に関するQ&A: 私は元在日韓国人です。愚痴らせてください。, 「馬アレルギー」に関するQ&A: 30代~50代の女性、周りから肌がきれいと言われる方に質問です。, 「アメリカ 健康保険」に関するQ&A: なぜどの国も北朝鮮を空爆しないのか?, それには何か日本と比べて他に優遇されている物が有る様に思えるのですが? 医療相談のサイトではありません。個人的な学習の記録・随筆です。ご注意ください⇒免責事項・著作権について, « アメリカの研修医は悪性腫瘍を診ないというはなし | No msg(味の素入れないで)を言う人が 日本の保険料ですが、金持ちにもそんなに高額になってはいないと思います(金持ちではないので断言はできませんが)。 でも、あの国は何をやらせても極端な国ですよね。, 有難うございました。 アメリカの医療費はすごく高い!保険があってもなくても安心して暮らせない。病気になると高額な請求が来て、支払いに頭を悩ませるアメリカ社会です。howdy アメリカの暮らしサルサです。なぜアメリカ医療費こんなに異常に高いのか?保険入ってるからと さらに、国民の心情として、政府の介入を社会主義的だと嫌悪したこと、アメリカ医師会や保険業界等の強力な利益団体が反対したことなどの理由が重なり合って、国民皆保険制度はできなかったのである。 世界から見れば日本の制度の方が変に見えるのでしょうね、きっと。 アメリカでは、日本の国民皆保険に似ているAffordable Care Act(いわゆるオバマケア)が導入されましたが、これには今も多くの国民が反対しています。 しかし、なぜ、反対するのか不思議に思う日本人は多いのではないでしょうか? レーガン大統領が誕生してから国の方針がガラッと変わったようですが、たしかにソビエト崩壊など冷戦構造に終止符を打ったり、国力全体を増した功績はあるにしても、やはり陰の部分も大きいようですね。 いろいろと手続きが面倒なのですよ。 なるほど、民族性の違いが根本にあるわけですね。 良いのですが。私のいた国では偽装結婚で 結婚で...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 行くのが高いからより、歯並びが悪いのは アメリカ人がせっせと身体を鍛えたりオーラルケアをするのは医者にかかるのをなるべく避ける為だとも聞いた事が有ります。 オバマ政権化で国民皆保険を何とか実現させようと努力しているようです。これに強く反対するグループが結構多いと聞くのですが、なぜ反対なのでしょうか?聞いたところによると、日本と違ってアメリカでは公的な健康保険がなく、自分で民 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 重症感染症に慣れた医師の数が少なくたって、衛生的な社会のほうがいいと思いませんか?, この場合、いろいろな病気をたくさん経験できるアメリカのほうがいい、という見方もありえます。, などというようなポイントが絞られた質問であれば、かなり具体的に答えることができます。, 日本人のほうが手先が器用であるとか、術後管理が丁寧であるとか、一人ひとりが細やかで繊細であるというのは、おそらく本当だと思います。, 日本の「ある病院」では、「ある一人」の医師がいないだけで、「ある手術」ができなかったりします。, 「ある医師」が退職したとたん、たちまち「ある病院」の評判が悪くなったという話は枚挙にいとまがありません。, 日本ではときに「神の手」などと、医師を神様のように崇める風潮がありますが、アメリカでは医師はあくまでも「ただの人」です。, ですから、長距離バスの運転手などと同じで、休息をとらずに仕事に携わるのは違法だ(安全義務違反している)と判断されてしまいます。, アメリカの医療に慣れ親しんだ今なら、ドン引きするところかもしれませんが、当時は、「よーし!そのつもりでがんばるぞ!」と、当然のようにポジティブに捉えたものです。, 毎日深夜過ぎまで病院にいるのが美徳とされ、休日日曜出勤などあたりまえ、365日お盆も正月もないのが普通でした。, 3時半か4時には帰る準備に入ります。そうしなければ5時に病院の門をでることができないからです。, 5時過ぎまで残って仕事をしていると、褒められるどころか、けっこう大問題になります。, (アメリカの医師がぜんぜん働いていないというわけでもなく、早い医師で朝5時、遅くとも朝6時ごろに仕事を始めます。日本の医師より朝が2,3時間早いイメージです), アメリカの医師には、パイロットや、長距離運転手と同様、顧客(患者さん)の安全を守る義務が課せられています。, 土曜日や日曜日には、交代でカバーしている当直の医師がいるだけで、日本のようにいつでも主治医に会えるとは限りません。, アメリカでは、主治医に会って話を聞こうと思えば、主治医の勤務時間にあわせて、自分の仕事を休んだりしなければいけません。, 膝の手術ならココ、白内障の手術ならココと、得意分野を宣伝している病院もたくさんあると思います。, したがって、あなたの病気が、その病院の得意分野にスッポリ収まっていれば、日本では世界最高レベルの治療が受けられるでしょう。間違いありません。しかも、価格は格安です。, アメリカ人から見れば、手品か奇術か魔法か?というほど高いレベルの手術を受けることができるというのは、日本のすごいところです。, しかし、そういう技術は、えてして、門外不出のテクニック、あるいは、難しすぎて他の誰にも真似できないテクニックです。, いったん得意分野以外の問題がおこってしまうと、とたんに対応できなくなるという脆さです。, たとえば、膝関節の手術をしている最中に、患者さんがもともと持っていた血液の病気のために出血がコントロールできなくなって困ったとか、白内障の手術中に患者さんが心筋梗塞をおこし、対応が後手に回ったなど、不測の事態に対応できなかったという事例をしばしば耳にします。, 勘違いしないで欲しいのですが、それは決してアメリカの医師が優秀だからではありません。, アメリカでは、どんな単純な手術でも、すべての科がそろっている(総合病院)でおこなう、というのが原則だからです。, 日本のように個人のクリニックでお産するなんて、アメリカでは絶対にありえないのです。, 日本のこども病院は、その名称にかかわらず、中で働いているのは、大勢の小児科医であることがあります。, しかし、日本の小児病院には、脳外科がなかったり、心臓外科がなかったり、整形外科がなかったり・・・, 心臓病の子供が脳出血を起こしたからといって、転院になるなんていうことはありえません。, アメリカの小児病院にすべての科がそろっている理由は、その多くが孤児院から発展したためという背景もありますが、, アメリカでは、まさかのときのために、すべての科がそろっているところで医療をしなければ訴訟になりやすい、という理由も大きいと思います。, あるせまい地域に、市立病院、県立病院、国立病院といった病院が行政区分ごとに建っていることはよくあります。, そんな建てかたをするから、結局、どの病院にも全ての医師をそろえることができないのです・・・, しかし、多すぎる病院というのは、医療従事者にとってはマンパワーの無駄遣いなのです。, 昼間にA市立病院である患者さん診療し、B県立病院に紹介したところ、夜間、C国立病院の当直中に、同じ患者さんがB病院から搬送され・・・, 信じられないかもしれませんが、アメリカではおよそ人口100万人につき1つ程度の総合病院しかありません。, 100万人に1つの超巨大なスーパーホスピタルをつくり、そこにすべての医者というか、できるだけ多くの医者をあつめ、働かせているのです。, 病院から離れたところで急患が発生した場合は、軍や地域のヘリコプターなどを駆使して患者を搬送します。, しかし、安全やコスト、医療の質を考えると、日本のほうがいいとも言い切れないのです。, 医者からみると、どんな簡単な手術であろうと、分娩であろうと、超巨大なスーパーホスピタルでやったほうが安心です。, 患者さんにとっても、全ての科がそろったスーパーホスピタルで治療をうける方がほんとうは安全なのです。, しかし、病院へのアクセスのしやすさを考えると、日本のように10~20万人にひとつぐらいの病院があったほうが便利でしょう?, 先ほど、少し言及した日本人の「神の手」信仰について、もう少し、みなさんが知らない日米の違いを指摘しておきます。, 日本人には信じられないかもしれませんが、アメリカでは、たとえ優れていると思われる方法でも、勝手に他者と違う方法で医療を行なうことは許されないのです。, アメリカの医者は、科学的な証拠に基づいて、スタンダード(平均的・標準的)な医療をおこなう技術者にすぎないのです。, 新しい医療を実施しようと思えば、まず倫理委員会を通し、学会で発表し、論文に発表し、FDAの承認を受けなければなりません。, 圧倒的なマンパワーで、「いつでも」「誰とでも」交換可能な医師が必要とされる、アメリカならではの考え方でしょう。, 誰がどこでやっても同じ結果が出なければ「科学」に基づいた医療とはいえないという考え方が背景にあります。, アメリカでは、医療は科学的でなければならず、決して奇術的、職人芸的であってはならないし、高い再現性を維持しなければ科学的な医療とはみなされないということです。, 日本では、医学部を卒業すると、誰でも希望の専門科を選択できるという職業選択の自由があります。, このシステムは、医者が職業を自由に選択できるという点で、一見、非常にいいシステムですが・・・, 一方で、人気のある分野では医者の数が多くなりすぎて、相対的に医者の経験が不足してしまうという問題があります。, アメリカでは科の選択の自由を強く制限しており、毎年、医者が選択できる専門科の数には枠があります。, たとえば、心臓外科医や脳外科医は年棒数億円を稼ぐ外科医の花形ですが、その門は非常に狭く、毎年、なり手が限られています。, 逆に、そのためでしょうか、アメリカの心臓外科医や脳外科医、一人当たりが手術する回数は、日本の同じ科の医師たちよりも圧倒的に多くなります。, アメリカの医師は、たとえ患者の希望があっても自分の専門分野以外のことに手を出しませんし、出さなくても成り立つようなシステムです。, しかし、日本では、たとえ専門医であっても、患者の求めがある場合には応じる義務(応召義務)があります。, 日本には、そういう社会の要請があるのです。このあたり、医療政策が色濃く反映されているところです。, これまで、どちらがいいのか悪いのかよくわからないような点ばかり比較してきましたので、, 最後に、確実にアメリカが優れている点と、日本が優れている点をひとつづつ指摘して、この記事を終わりたいと思います。, これには議論の余地がありません。他の記事にも書きましたが、アメリカの医学教育は世界一お金と人手がかかっています。, 別に、アメリカに医学教育の天才がいるわけではなく、シンプルに予算のかけ方がちがうのです。, 日本の医師国家試験は、ふつうの医師が、患者診療の片手間に作成したものを、一般募集したものが元になっています。, 一方、アメリカでは、何十人もの国家試験作成専用の専属の医師が365日24時間かけて試験を作成しています。, 前述したように、政治的ポリシーに関係するため、日本のやり方が絶対的にいい方法とはいえないのかもしれませんが、, 日本の医療制度は、国民皆保険制度に支えられており、医療機関へのアクセスのしやすさや、費用の安さなど、そのすばらしさはアメリカとは比べものになりません。, (アメリカの医師や看護師が日本で働いたら、その忙しさと低賃金に驚き、1か月もしないうちに間違いなくやめてしまうことでしょう(;;;´Д`)), アメリカでは、民間保険会社によって医療制度がコントロールされてしまったせいで、世界でもっともコストがかさむ医療になってしまっています。, アメリカには世界トップレベルの医療がたくさんあるにもかかわらず、この医療制度がすべてを台無しにしてしまっているといえます。, アメリカでは、日本の国民皆保険に似ているAffordable Care Act(いわゆるオバマケア)が導入されましたが、これには今も多くの国民が反対しています。, つまり、「Live free or die!」とは「政府の世話になるぐらいなら死を選べ!」ということです。, Sons of Liveryからボストン茶会事件などを通じて勝ち取った「アメリカ」の誕生は、いわばイギリスの政府支配からの独立です。, 余談ですが、アメリカで民間人が銃の保持を認められているのも、この精神によるものです。多くの人が誤解していますが、決して、自衛のためではありません。, アメリカ人は、腐敗した政府をいつでも倒すことができるように、国民に武器の保持を認めているのです。, これを理解できなければ、アメリカで国民皆保険が導入されない理由は理解できないでしょう。, オバマ大統領による国民皆保険制度(オバマケア)の導入を、「共産主義だ!」とまで非難し、反対する理由はここにあります。, それでいて、「どうして医療分野にはマーケットの力がうまく作用しないのか?!」などと朝から晩まで喧々諤々議論しているのですから、笑えます(≧∇≦), アメリカでは寄付制度、ボランティア制度が発達していますが、この敗者、弱者救済は民間主体でおこなわれます。, 政府の補助、公的補助、公共事業に群がりながら、結局は、官僚、政府に操られているのが日本人なのかもそれません。, 国民皆保険に支えられた日本の医療制度は、この政府による国民支配の典型的なあらわれです。, アメリカの社会保障制度が日本人にとって最悪のシステムにみえるように、日本の社会保障制度が、なぜ、アメリカ人には最悪にみえるのか理解できると思います。, アメリカの医療は、政府から独立していますが、民間保険会社に支配され、マネージドケアといわれます。, 一方、日本の医療には、民間資本の参入が許されていない一方で、政府に支配されてしまっています。, アメリカ人と日本人が医療制度において意見の一致をみることはないというのが管理人の個人的な見解です。, 寄付制度、ボランティア制度が未熟な日本にアメリカのような厳しい市場原理主義を持ち込めば、それこそ日本社会は分断され、めちゃくちゃになってしまうと思います。, メールアドレス: 文化の違いって本当に大きいですね。, 有難うございました。 聞いたところによると、日本と違ってアメリカでは公的な健康保険がなく、自分で民間の保険会社と契約し、そして会社指定の病院でないと保険が効かないそうです。 そのため少々の病気なら病院に行かないようです。 国民皆保険 すべての国民を公的医療保険に加入させ、医療を平等に受けやすくした制度。日本では農業や自営業者など、社会保険の未加入者に国民健康保険を強制適用する新国民健康保険法が1958年に制定され、61年から全国民を対象とする皆保険・皆年金体制が実現した。

Ãリーガ開幕 20 21, Âルゼンチン ư候 Ŝ理, Âーツ Ãラマ Âーズン3 Ɨ本, Ãーツ Ãレル ɇさ, Ǿ生善治 Ƹ辺明 Âピソード, Ãイツ Ãュース Ãロ, Âッカー選手 Ť Áごい, Ű活 Ů族 Áっと Áまく Áく 1,

Like this Article? Share it!

About The Author

Comments are closed.